幹細胞とは

幹細胞の遺伝子技術とは

幹細胞は受精卵から始まり人の体が出来上がるまで分裂をしながら人体へと成長していく、その過程において分化能力を持った幹細胞が生まれる。それを遺伝子技術で再生医療に活かします。

再生医療の選択肢

組織や臓器が損傷した場合に、残存する細胞の中で分裂能力を有した細胞(幹細胞など)が増殖して、損傷、又はそれにより欠損した部分を修復し、元の状態へと回復する現象を 再生 といいます。患者様の体外で人工的に培養した幹細胞や組織を移植することで、損傷した臓器や組織を再生し、機能を再建する医療や技術を総合したものが 再生医療 です。
再生医療
自身の
幹細胞
他人の
幹細胞

培養と移植
培養と移植
培養上清投与

採取量と増殖力に難、移植後消息不明、自身の疾患に冒された細胞でできること
超高額の費用、急性期に間に合わないデメリットがある。しかしこれまでの医療を変革できる期待が高まる
免疫拒絶のため、誰にでも使えるわけではない。ウイルスコンタミネーション&既往症リスクのありなしの検査が必要。iPS細胞ではHLA式のライブラリー作成研究が進展中。
他初代培養
幹細胞由来

(脂肪、臍帯血、骨髄ほか)

プライマリー細胞は、2週間程度で増殖停止するため採取可能な培養液は少量。そのため投与に限度あり、量を確保するには侵襲が高くなるか、多くの検体を必要とするため多量に採取できる医療廃棄物が利用されることも。様々な疾病の発症をみる大人の細胞を使用することへのリスクも検証は必要。大人の歯髄は増殖力、発現力ともに弱く、その生命力は不死化に耐えない(ウィルスへの抵抗力が低い)。

不死化歯髄
幹細胞由来
細胞を使用しないため癌化リスクなし、急性期に利用でき、コストは移植の100分の一以下を目指す。中枢神経への効果があるかないか。乳歯であるため不死化に耐え基準化できる強みを持つ。

再生医療
自身の幹細胞:培養と移植

採取量と増殖力に難、移植後消息不明、自身の疾患に冒された細胞でできること
超高額の費用、急性期に間に合わないデメリットがある。しかしこれまでの医療を変革できる期待が高まる

他人の幹細胞:培養と移植

免疫拒絶のため、誰にでも使えるわけではない。ウイルスコンタミネーション&既往症リスクのありなしの検査が必要。iPS細胞ではHLA式のライブラリー作成研究が進展中。

他人の幹細胞:培養上清投与
他初代培養幹細胞(脂肪、臍帯血、骨髄ほか)
  • プライマリー細胞は、2週間程度で増殖停止するため採取可能な培養液は少量。そのため投与に限度あり、量を確保するには侵襲が高くなるか、多くの検体を必要とするため多量に採取できる医療廃棄物が利用されることも。様々な疾病の発症をみる大人の細胞を使用することへのリスクも検証は必要。大人の歯髄は増殖力、発現力ともに弱く、その生命力は不死化に耐えない(ウィルスへの抵抗力が低い)。
不死化歯髄幹細胞由来
  • 細胞を使用しないため癌化リスクなし、急性期に利用でき、コストは移植の100分の一以下を目指す。中枢神経への効果があるかないか。乳歯であるため不死化に耐え基準化できる強みを持つ。

培養液 幹細胞ソースによる違い

特徴 医療投与 化粧品原料
脂肪幹細胞
主に上皮、間葉系関連機能
個体差あり
自身の幹細胞培養上清
なら高額
医療廃棄物由来(脂肪吸引)
ドナー経路不明(多く海外から)
均質性疑問
胎盤幹細胞
若さと多機能の可能性
個体差あり
実績少ない
TS細胞の研究進展
生殖医療への期待
採取経路不明
(闇ルート問題あり)
個体差による均質性に疑問
臍帯血幹細胞
造血効果確認
胎児側を利用
白血病
脳性麻痺
再生不良貧血
ドナー経路不明
安全性試験、均質性疑問
不死化乳歯
歯髄幹細胞
間葉系、神経系幹細胞の多機能性
感染に強い、若く、
個体差なしのマスターセル
他家で低コスト
医療投与実績
新規採取が不要
正式ドナー(日本人幼児)
トレーサビリティー明確
均質性と安全性の担保
供給限度なし
X