自分の細胞?他人の細胞?

再生医療の選択肢

再生医療
自身の幹細胞
他人の幹細胞

培養と移植
培養と移植

培養上清投与

採取量と増殖力に難、移植後消息不明、疾患に冒された細胞で十分か?
数百万の費用、急性期に間に合わないデメリット。
免疫拒絶のため、ほとんど使えない。ウイルスコンタミネーション&既往症リスクのありなし
不死化歯髄
幹細胞由来
細胞使用しないため癌化リスクなし、急性期に利用でき、コストは移植の100分の一以下。中枢神経への効果があるかないか。不死化に耐えうる強さを持つ。

他初代培養
幹細胞

(脂肪、臍帯血、骨髄ほか)

プライマリー細胞は、2週間程度で増殖停止するため採取可能な培養液
は少量。そのため投与に限度あり、量を確保するには侵襲が高くなるか、多くの検体を必要とするため多量に採取できる医療廃棄物が廃棄物がりよされることも。様々な疾病の発症をみる大人の細胞を使用することへの抵抗は?大人の歯髄は増殖力、発現力ともに弱く、不死化に耐えない生命力
(ウィルスへの抵抗力が低い)。

再生医療
自身の幹細胞:培養と移植

採取量と増殖力に難、移植後消息不明、疾患に冒された細胞で十分か?
数百万の費用、急性期に間に合わないデメリット。

他人の幹細胞:培養と移植

免疫拒絶のため、ほとんど使えない。ウイルスコンタミネーション&既往症リスクのありなし

他人の幹細胞:培養上清投与
不死化歯髄幹細胞由来
  • 細胞使用しないため癌化リスクなし、急性期に利用でき、コストは移植の100分の一以下。中枢神経への効果があるかないか。不死化に耐えうる強さを持つ。
他初代培養幹細胞(脂肪、臍帯血、骨髄ほか)
  • プライマリー細胞は、2週間程度で増殖停止するため採取可能な培養液
    は少量。そのため投与に限度あり、量を確保するには侵襲が高くなるか、多くの検体を必要とするため多量に採取できる医療廃棄物が廃棄物がりよされることも。様々な疾病の発症をみる大人の細胞を使用することへの抵抗は?大人の歯髄は増殖力、発現力ともに弱く、不死化に耐えない生命力
    (ウィルスへの抵抗力が低い)。

医薬品販売許可番号:第5312201217号(医薬品販売業)
X